外壁塗装の耐久性に欠かせないコーキングの役割とは/外壁リフォームなら美装柳屋へお任せください

お問い合わせはこちら

ブログ

外壁塗装の耐久性に欠かせないコーキングの役割とは/外壁リフォームなら美装柳屋へお任せください

2020/05/12

コーキング材は外壁にとって非常に重要な役割があります

コーキングって何?

皆さまこんにちは、美装柳屋の柳下(ヤナギシタ)です(^^)

本日お届けしたい内容は「コーキング」についてです!

塗装業者さん、建築業者さんであればコーキングね!っていうぐらい普通にある業界用語ですが、一般の方が「コーキング」と言われても何のことかわからない人がほとんどだと思います。

でもそこで大切なのは「コーキング」は、外壁塗装をしたいと考えた時に塗料選びを考えるのと同じくらい必須なものです。

 

コーキングってどんな役割なの?

◆ 緩衝

外壁は地震などの揺れや振動、温度差によって生じてしまう膨張や伸縮によるダメージに日々さらされています。

外壁材の継ぎ目に充填された「コーキング」は柔らかくて伸縮性があるため、緩衝材として衝撃を吸収しダメージから外壁を守る役割をはたしています。

◆ 防水

「コーキング」は雨水が外壁の内側に侵入させないようにする役割があります。

◆ 補修

サイディングに大きなひび割れが発生したとき、補修で「コーキング」が使われます。

 


コーキング工事の方法は?

◆ 増し打ち工法

既存の古いコーキング材を残したまま、上から新しいコーキングを補填する工法です。ただし「コーキング」に劣化症状がある場合、増し打ち工法は意味がありません。

◆ 打ち替え工法

古いコーキングを完全に撤去して新しい「コーキング」を充填し直します。増し打ち工法にない撤去・清掃・プライマー塗布と手間はかかりますが、増し打ち工法より防水性が高まります。

 

 

コーキング補修のタイミングは?

◆ ひび割れ

地震など強烈な振動でコーキングは建物の揺れに追従できずひび割れてしまいます。

◆ 破断

ひび割れを放置するとコーキングは破断してしまいます。

◆ 肉瘦せ・剝離

コーキング材の肉瘦せや剥離は経年劣化により起こります。肉瘦せではコーキングがやせ細り、コーキングの真ん中に亀裂が走るなどの現象が起こり、剥離ではコーキングが目地からボロボロ剥がれ落ちる現象が起こります。

作業手順① カッター等を使用し既存の古いコーキングを撤去します。

作業手順② ペンチなどで引っ張って目地から剥します。その後、剥し残ったコーキングをカッターで完全に削ぎ落します。

作業手順③ マスキングテープを貼り、コーキングの下塗り(プライマー)を塗布します。

作業手順④ 撤去した箇所に新しいコーキング材を打ち込みます。

作業手順⑤ 打ち込んだコーキングを専用ヘラでなびき表面を平にし、マスキングテープを剥して完了です。

経年劣化により、コーキングの表面にひびや亀裂が見え始めたら打ち替えのサインです。

コーキングの打ち替え工事だけでも承っておりますので、お気軽にご相談ください(*^^*)

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。